ハラペコ◎旅行記~四国一人旅②琴平目指して高速道路のバス停で迷子になる~

四国一人旅

四国一人旅第二弾★前回はハラペコ◎旅行記~四国一人旅①でお話した通り、愛媛県松山市をめぐりました:)そして今回は友人とも別れた後、一人高速バスに乗ってこんぴらさんを目指したお話。普段あまり一人で旅行にいかないこともあって、自分なりには合理的だと思ったツアー行程がかなりハードだったことに気づいた2日目はちょっぴり反省★

土地勘のないところで、夜迷子になりかけると、かなり怖いですよ~…。

スポンサーリンク

高速道路のバス停を利用してみた

松山駅から出ている高速バス、『JR四国バス』を利用して香川県に入ったのは良いものの、行きたいところはこんぴらさん(金刀比羅宮)のある琴平。終点の高松駅で乗り換えすると、来た道を引き返す必要がありました。

そこでワタクシ、高速道路上にあるバス停で途中下車して時間と交通費を浮かそうと考えたのですが…。まずね、普段都内にいれば基本的に電車しか利用しないので、高速道路のバス停をどうやって利用するかよくわからなかったのね。バスから降りて、どうやって一般道路に出れるのか不思議だけど…高速バスが停まるんだから、道は整備されているハズ。国内だし困ったら人に聞けばなんとかなるよね~💡と下準備をせずにバスに乗り込んだのがまずかった。

高速道路のバス停の仕組み

高速道路のバス停には2つ種類あります。1つ目が、停留ポイントの前後に一般車が利用出来ない専用の車線が出来て、高速道路上に高速バスが停まるパターン。そしてIC(インターチェンジ)やSA(サービスエリア)等にあるパターンが2つ目。結局未だにどうやって乗り込むのかわからないままだけど、車を利用する人も多いし、きっとバス停の近くまで車で送迎してもらう前提なのかな💡と今は思います。

ちなみにワタクシが利用したのは前者の方で、本当に普通に高速道路上にあるバス停で停まった時、初めての体験✨1人旅っぽいと感動。そんなことをしている内に、ワタクシ以外の降車した2人が颯爽とどこかに向かって行く…。(ちなみに時間は19時を過ぎていて、夏とはいえ外は真っ暗で高速道路の街灯が眩しいくらい。)1人にされては大変と慌ててそのあとを追いかけると、一般道路に繋がっている急な階段がありました。

残念ながらまぶしいくらいの高速道路と比べて一気に明かりが消えた道を見た鳥目&乱視なワタクシには、その段差がどこまで続いているのか全く見えない。リュックキャリーを背負って急いで追いかけてみたのですが、一緒に降車した2人は普段から利用している人なのか、街灯の無い暗闇の方へスイスイ進んで行ってしまい、途中で見失う事態に。

 

OH MY GOD‼‼‼

 

とりあえず階段を降りきってみたら何か目印があるのかもしれない💡と思い、最後まで降りてみたけど全然街灯の無い場所に到着しちゃった☆それなら明かりのある方に歩けばいいじゃんと思ってみたけど、周りに木が生い茂っているせいで人のいそうな明かりが見えない状態✨

…よく考えれば分かることだったのですが、比較的高速道路のある場所は町の中心から離れているせいで他の交通手段はあまりなく、人も外を歩いてないんですよね~…。だから、人に会わない。さらに、今まで街灯がない&月明かりだけの場所を歩いたことのない都会育ちのワタクシには、自分が進むべき道路を見つけることができない。さらにさらに、頼みの綱である地図アプリも、高速道路と一般道路が重なっていて歩ける道が見つからない‼️‼️‼️

 

詰んだ★

 

周りが田んぼなのか、ただの原っぱなのか良くわからず一人取り残されて参ったな~と思ったワタクシは、とりあえず初心に帰ろうと、明かりを求め急な階段をリュックキャリーを担いで上り、途中クモの巣に引っ掛かりながら高速道路の上へ。

ラッキーなことに最終便までまだ余裕はあったので、次に降りる人を捕まえて大通りまでどうすれば行けるか聞くことに。運良く次のバスで1名降車したので、降りたところを待ち構えて、すかさず話しかけました✨

「突然話しかけてすみません…怪しい者ではありません、ご安心ください。ここからどうやったら大きな道路に出れますか❓」

…今思うとめちゃくちゃ不審者だよねぇ。

バスは終バスまで数本あったけど、次で捕まえないともう後がないかもしれないと必死だったのです…。話しかけた人は、この近所にある学校の寮に戻る学生さんでした:)突然見知らぬ怪しい女(ワタクシのこと)に話しかけられて、そのまま、わざわざ自転車を引いて一緒に大通りの近くまで歩いてくれました✨

 

…まぁ、そのあとも想定外のことが続きまして。事前の調査ではその場所の最寄り駅まで徒歩10分ほどのはずが、20分歩いてもつかないとか、ね。何車線もある大きな車道を颯爽と走り去ってゆく車をみながら、一人頑張って誰もいない歩道を地図アプリを信じてまっっっすぐ歩き続けましたよ。

結果、琴平で予約していたホテルに到着したときには、予定よりも2時間ほど遅くなってました。時間に余裕を持たせてて本当によかった~✨と思った一方、一人旅の時は、暗くなったら少し遠回りをしても安全なルートで行動する必要があると学んだ夜でした★

金刀比羅宮(こんぴらさん)にて

翌朝、ホテルに荷物を預けこんぴらさんに挑むアラサー。元々江戸時代から多くの人が一度はお参りしたい場所と憧れる場所は、色んなご利益があるらしい。ワタクシも『幸福の黄色いお守り』を購入するべく、石段を頑張って歩くことに。…その前に、香川に来たら食べないわけにはいかない、讃岐うどんを頂き腹ごしらえ。

…こっちのうどんって本当に安い✨こんぴらさんの辺りにあるのは観光客価格だけど、それでも500円しないなら問題なし♪本当は有名店に行きたかったのですが、比較的交通の便が悪くてタクシーで動くのもなぁと断念しちゃったのです。

石段の両脇には沢山のお店があって、店頭には杖も置いてあります。無料貸し出しと書いてあるところもあるけれど、何か買わないと悪いような気がして借りられませんでした★…ま、まだ20代なんですから杖なんていらないよねとすでに息切れし始めている自分自身に問いかけて進みます。途中、疲れたら運んでくれる籠もちのサービスも見かけたけど、結構ご年配の方がやっているみたいで、ちょっとお願いできない~‼‼‼…比較的ご年配の参拝者も多かったので、おそらくそういう人の為のサービスなのでしょう✨現地の人は毎日この石段を登り下がりしてて、健康そのものだなぁ:)

ちなみに行った時期がポケモンGOが流行り始めただったので、注意書きの看板も発見。

…お寺の中でポケモンGOする勇気はワタクシにはないぞ。罰当たりなことは、するべきではありませんね💡

結果として無事頂上へ到着✨午前とはいえ、かなり汗をかきました。でも、すがすがしい気持ちでいっぱい✨念願のお守りも購入して、昼過ぎには次の場所へ到着するためすぐ下山することに。途中、目に入った名物のおいり(ひなあられに近いかも💡)の乗った可愛らしいソフトクリームをごほうびとして頂いたら…甘さが染み渡る~✨

口に入れるとしゅわっと溶けるおいりは、軽くてお土産にもオススメですね:)

…さて、琴平を離れて次に向かうのは徳島県のかずら橋‼‼‼…かなりハードな旅行の行程は、高速バスで反省しつつもすでに組んでしまったからしょうがないのです★でも、このかずら橋は個人的にこの旅行の中で無理やりでも行きたいと思った場所。結果、かなり満足することが出来ました:)四国の一人旅の続きは、また次回に続きます✨

そのクリックが励みになります♪
にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

コメント