ハラペコ◎旅行記~台北グルメ編②(阿宗麺線・昔思慕・饒河街夜市の食べ歩き)~

台湾

なかなかここまで行きつくまで、時間がかかりました~…やっとグルメのお話ができる‼️旅行内容を盛りだくさんにしたせいで、旅行から一週間ほど過ぎたのにも関わらず書きたいことが全然書ききれないよ‼️今回は初日に食べた食事のお話:)

スポンサーリンク

機内食(エバー航空)

機内食って、いつも期待できないイメージがワタクシの中には在りまして。だから今回もこれから美味しいものがたくさんあるんだからセーブして、台北に到着したら思いっきり食べようねって話していたのにも関わらず、完食しちゃった☆

エコノミー席なのに、ハンバーグステーキが出るなんて…しかも完食出来るぐらい美味しいなんて、時代は進んでいるのう…。ちゃんと蕎麦用の海苔とワサビもついているところにも、素敵な心遣いを感じます✨でも、このお蕎麦は片づける時に、つゆがタプタプしちゃってCAさん的にはどうなんだろう❓でも、乗る側からしたら美味しい機内食が食べられるなら問題な~し♪ただし、食後に頂いたコーヒーはかなりアメリカンだったので、せっかくなら烏龍茶にすれば良かったかも。コーヒーはどの飛行機でも同じ味な気がする~…

麺線(阿宗麺線)

台北到着後、微熱山丘(サニーヒルズ)にてパイナップルケーキをしっかり試食で1個頂いたにも関わらず、すぐ向かったのはこのお店。絶対どのガイドブックにも載っている有名な麺線のお店です✨でも、台湾って美味しいものがいっぱいだから、朝昼晩といつも限界まで食べちゃうせいで、間食する暇が全くないのが難点。軽食系は夜市以外だとなかなか手を出すタイミングが見つからなくて、食べずにズルズルきてしまいました…。だから今回は、お腹に余裕がある初回に投入したというわけ:)

口コミの通りお店の周りに沢山の人が固まっていて、すぐ場所わかります。この雨の中、屋根の下で立ち食いしている人たちに負けじとワタクシたちも注文。う~ん、昔のガイドブックには45元って書いてあったけど値上がりして小サイズで55元。これは人気故の値上がりなのかな。(それでも日本円で200円ぐらい‼)この後マンゴ-雪花冰食べる予定だったので、3人で小サイズを2つ注文して回し食いすることに。

…1つじゃないの❓という誰かからの突っ込みが聞こえる気がするけど気にしない~。

大きな鍋に入った麺線をお玉で掬って入れるお兄さん。入れ方がワイルドなのに的確なのはさすが‼️

ガイドブックを読むたびに不思議に思っていた、『麺類なのにスプーンで食べる』ってどういうことなんだろう…と思いながらサーブされるのを待ちます。貰った麺線は熱々で持つのが大変。紙カップの端っこをどうにか持って、一緒に投入されていたレンゲで頂きます:)

あぁ~なるほど麺が柔らかくてお箸やフォークじゃ掬えないからスプーンなのね💡ただスプーンだと、掬い切れなきれなかった麺が端から垂れちゃうせいで、麺をすする度に顔の周りがベタベタになってしまう…‼これはウエットシート必要案件ですな。

味はすっごい煮干し✨一緒に入っているホルモンは柔らかくって、臭くないのも高ポイント。たぶん、この麺線は煮干しラーメンの好きな人にはたまらない一品かと‼(つまりワタクシにとって好きな味)途中で一つにチリ、もう一つに設置されているお酢を投入してみることに。皆みんな容赦なく入れるせいか、あちこちにソースが垂れてる…。

少量しか入れてないのに、チリの辛味はかなり強烈★でも喉に刺さる辛さが癖になりそう。お酢は黒酢で、たっぷり入れるのが良いみたい。(※ガーリックも気になったけど、旅行中ずっと薫ると困るからパス)チリに関してはかなり自信があるみたいで一瓶140元で発売もしているみたい。残さず完食★ちょっとお寺で歩いてお腹を落ち着かせてから夕飯の食前デザートに向かいます。

超級雪酪芒果雪花冰(思昔慕)

台湾はフルーツも美味しい。ライチやスイカ、パイナップルなどの一般的なものから、日本では珍しい釈迦頭(クリーミーで美味しい)竜眼(ライチみたいなやつ)も朝市で見かけるとテンションup‼️その中でも外せないのは、やっぱりマンゴー:)♪

甘い蜜が表面に滲んでる子があちらこちらで売られてるのを見ると、本当におうちに連れて帰りたくなっちゃう…検疫の問題で日本への持ち込みは禁止ですので、現地で食べ尽くすしか出来ないのが残念。

マンゴ⁻雪花冰は台北旅行では欠かせない💡昔食べたアイスモンスターや、夏期限定営業の冰讃の雪花冰もすごく美味しかったなぁ♪今回は永康街にある思昔慕さんへお邪魔することに。

勿論選ぶのはマンゴー‼️‼️‼️名前は超級雪酪芒果雪花冰(スーパーソルベとマンゴー雪花冰)という、いかついけど一番人気なのをチョイス。

おぉ…丼に入ってでてきた…これで220元(約800円)だなんて信じられない。

マンゴーミルク味っぽい雪花冰はたっぷり練乳もかかってて、クリーミーな感じ。上に乗ってるマンゴーアイスやマンゴーが口直しになるってどういうこと❓と笑いながらジューシーな果肉で口いっぱいに頬張る幸せを味わいます…✨ここでも器が少しベトベターだったのでウエットティッシュ案件。ここのお店、椅子の数が少ないので(むしろonlyテラス席❓)注文前にみんな席を確保してました。見るからに違うお店で購入したに違いないポップコーンを広げて食べているグループもいて気になったけど、店員さんはあまり気にしていないよう。近くに2号店もあるそうなので、どうしても座れなさそうならそっちにいってみても良いかもね💡あ、あと器がとても深いので、一人では完食できない量があります。みんなで楽しくシェアするのが良いかと思います♪

饒河街夜市

夜市で一番大きくて有名なのは士林の夜市。お買い物も食べ物も大満足出来る夜市で、ワタクシ的に大腸包小腸(米粉のホットドック的なもの)が本当に美味しくて、士林の夜市も捨てがたかったんですが。ただね~…いかんせん広すぎて地下以外にあるはずの食べたいお店が見つからない…笑

今回はどうしても胡椒餅を食べたかったので、有名なお店のある饒河街夜市へ向かいました♪ここは一本道だし、分かりやすいし雰囲気も夜市って感じで良かった✨べたいものが明確に決まってるなら、断然こちらの饒河街夜市がオススメ‼️

胡椒餅(福州世祖胡椒餅)

有名な胡椒餅のお店は夜市入ってすぐあります。大粒の雨とお店が開いたばかりなせいか、長時間並ばずに1個50元の胡椒餅get★(21時前は、長蛇の列になっていたのでご注意)焼きたてをそのままかぶり付きます。胡椒のお陰で熱さ倍増‼️知覚過敏な歯がしみる~笑

スパイスが沢山効いていて、熱いのもあるけど、お腹のなかも熱くなる感じ。なんとなくカレー風味を感じるのはワタクシだけかな?回りが香ばしくて、お肉はジューシーで熱いけど食べるのを止められない‼️

鶏ロール(爆漿 黄金雞)

雨の中なのに、並んでいるお店を発見‼お肉を焼く音からしてちょっと期待が出来そうな予感♪夜市を歩いて気づいた、あちこちで書かれている爆漿という文字は、美味しいよっていう意味なのかなぁ?早速1つ購入してみました✨(40元だったかな❓)味は4つほどから選べるので、レモン塩味を選択。

ミンチにした鶏肉を鶏皮で巻いているせいで気を付けていても表面が噛みきれなくて一気に口の中に入って慌てる。あージューシー✨洋服に肉汁を垂らさないように注意して食べる必要あり。

唐揚(無骨排骨酥)

鶏肉続きだけど、鶏ロールを姉が購入している間、近くで売られてる唐揚げが美味しそうだったので思わず購入。(1パック100元)看板にはボンレスポークリブって書いてあるけど、特に豚肉の商品はないような。

注文すると、その場で揚げ直しをして、揚げたての熱々に沢山の胡椒を振りかけて渡されます。…最初、胡椒かけすぎじゃない⁉️と思ったんですけど、台湾の唐揚げって味付けが甘めなので、むしろもっとかけて欲しいぐらいだった。前に士林の名物顔より大きいフライドチキンも甘めだったなぁ。こっちの味付けって水餃子のタレなんかも基本甘めだし、地元の人たちにとって好きな味なのかも。これはこれで美味しいんだけど、おじさんの言う通りチリパウダーもかけてもらえば良かったな💡2度揚げでカリカリなんだけど、少し油を感じるかも…。

一口煎餃(店名不明)

突然一部のお店の電気が消える停電ハプニングが起きたにも関わらず、営業を続ける逞しい現地の人たち。その中で台湾政府から『良い屋台ですねマーク』らしきもののついた一口餃子のお店を発見。美味しい?って聞くと、美味しいよ:)とおじさん。(そりゃお店の人が美味しくないなんて言うわけないか。)

小さいサイズで1カップ70元。上からソースをかけてくれます。先ほどから続く熱々おかずで完全に口の中がやけど状態なので、スパイシー味は厳しいということで、ここでもノーマル味をチョイス…やっぱりソースが甘い‼️もう少し鉄板に近いところだったら熱々だったのになぁ、と少し残念。でも口の中が大惨事だから、逆にこれぐらいの方が食べやすくて良かったのかも?笑

鶏の油でだいぶ満腹感があったワタクシは味見程度でやめました。…ワタクシ、胃の許容値が近づくと場所を問わず、えずきまくるんです…。

炒黑糖珍珠鮮奶(幸福堂)

食後のデザートとして、固体は無理だけど液体ならいける、なにかスッキリしたもの飲みたいよねって話をしていたにも関らず…

購入したのは黒糖タピオカミルクでした★

でも、これがめちゃくちゃ美味しかったんです:)最近また日本でブームが起きているタピオカドリンク専門店ですが、いろんなお店が出店している中まだこの幸福堂さんは日本に出店していない台湾でも人気なお店らしい💡

下のタピオカたちは、ギリギリまで黒糖シロップの中でグツグツされているから温かくて、さらに上のクリーム?がバーナーで焦がしているから香ばしい。わざとカップの周りに黒糖シロップをまわしてつけるから、ミルクできれいなマーブルが出来上がります♪日本で買うタピオカドリンクと違って、なんでこっちのタピオカ達はどんどこストローを通ってくるんだろう。不思議だなぁ…量が多いからかな⁉

甘さは少なめにしたけど、黒糖シロップで煮詰められたタピオカが甘くて、冷たいミルクと合わさって幸せな味。まさに幸福堂だわ~✨

 

…ふう、先日upしたパイナップルケーキを合わせて一日で食べた食べ物の紹介がやっと終わった~‼こうやって見ると結構食べたような、でも本当はもっといろんなものを食べたかったような…。行ったばかりだけど、もうすでに台北で逃したグルメ達を食べたいな…✨

まだまだ食べ物の話は続くよ:)

そのクリックが励みになります♪
にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

コメント