ハラペコ◎旅行記~四国一人旅①愛媛の醤油は甘かった~

四国一人旅

退職後、暫くふらふらしていた頃、折角だからとあちこちに旅行に行っていたワタクシ。その中でも四国への一人旅の思い出を語りたいと思います:)

四国旅行に行ったきっかけ

意外と、国内旅行でも行くところって決まっていませんか❓一人で旅行するなら、まだ上陸していない地域に行ってみたいなと思ったワタクシはずっと行きたいと思っていた東北等も調べていたのですが。単身赴任中の友人が今愛媛県の松山市にいることに気が付き、『そうだ、四国に行こう』と思いついたわけです。なんとなく、四国はお遍路巡りのイメージが強くて敷居が高い気がする点と、本州以外というちょっぴり特別感から、あまり関わりのなかった四国。折角いくなら、愛媛以外にも可能な限り四国を回ってしまえ★と、一人旅用のリュックキャリーを購入し、必要最低限の荷物だけ詰めて、ジェットスターを利用して一人旅行をしました✨

…それにしても、本当に格安航空券って安いよね‼‼‼成田空港まで行くのは面倒だけど、機内持ち込みのみなら往復10,000円で四国に行けるなら全然OKだと思うのです♪ちなみにワタクシが利用したトランク兼リュックはこちら。

(こちらのリュックキャリ⁻、災害時にもいいらしいですよ💡ちょっと重いけど、トランクでは移動しづらい場所でも移動できるから、一人旅であちこちアクティブに動く時なんかはとっても便利でした✨)

3泊4日の四国一人旅でまず最初に向かったのは、勿論友人の赴任していた愛媛県の松山市:)

愛媛県というと、やっぱり有名なのはみかんですよね💡松山空港にあると言われているミカンジュースが出てくる蛇口は見つける時間がなかったのですが、ご当地のゆるキャラも『みきゃん』と『ダークみきゃん』で完全みかん押し‼‼‼…ダークみきゃんって、腐ったみかんから生まれたらしいと聞いてなんだか愛媛県、攻めてるな~と思ったのは余談です★そんな愛媛県ですが、みかん以外にも勿論名物があります。例えば…道後温泉』鯛めし』『松山城』などが有名ですよね~:)有名どころを外すわけにはいかないと、友人にあちこち連れて行ってもらいました♪

スポンサーリンク

道後温泉とは

夏目漱石の小説『坊ちゃん』ゆかりの地である道後温泉。ここでは坊ちゃんにあやかった坊ちゃん列車や、坊ちゃんだんごが売られていますが、おそらく多くの観光客の目的は道後温泉に入ること💡日本三古湯の一つと言われる道後温泉の本館は、商店街をまっすぐ進むと現れる、国の重要文化財にも認定されている建物です。黒っぽくてどっしりとそこに佇んでいる見た目からもなんだか歴史を感じるような…✨ただ、帰りに利用した地元のタクシーのおじさん曰く「この温泉利用するのは観光客だけだよ‼‼‼地元の人はもっと安くて人気な温泉に車使って行くよ」とのことだけど、松山に来たらやっぱり一度は行きたくなっちゃう。…ちなみにいくつか入浴プランがあるので、入浴するのみのコースや、入浴+休憩所利用コース等、時間の余裕に合わせて選ぶことが可能。ワタクシと友人はただ入浴するだけだったので、ワンコイン程度で済みました★公共浴場なので、感想としては…銭湯みたい~という感じかな。

ちなみに温泉に入るときは、血糖値が下がりやすいらしいです‼温泉旅館に必ずお菓子が置いてあるのは、血糖値が下がって体調不良にならないようにするためなんだって。…ずっと、お土産にオススメするお菓子が置いてあると思っていたよ~(※勿論オススメなお菓子でもあるそうです💡)この道後温泉の本館の周りにもご飯屋さんがたくさんあるので、空腹を感じたら何か食べてから温泉には入ったほうがよさそうです:)ワタクシ達の場合は、名物の鯛めしを頂きました✨

名物の鯛めしは甘い醤油

松山に来て一番びっくりしたのは、出てきた醤油が甘かったこと。生まれたときから関東に住んでいたワタクシは、南の方は醤油が甘いと知りませんでした。どの行程であのみたらしのような甘さが出るんだろうと思ったら、甘味料を追加して甘みをつけているんですって💡…だから味がみたらしっぽいのか~。個人的に慣れているしょっぱい醤油の方が好きだけど、この甘い醤油と卵黄であっさりしている鯛にコクが出るのかもしれないなぁ…と思いながら、完食★きっとゴマダレ味が好きな人は甘めな鯛めしも大好きなんじゃないかな:)ちなみに、『じゃこカツ』は見た目が完全に加工品な感じで、薄灰色が透けてあまり美味しくなさそうに見えたけど個人的に大ヒット✨

松山城の売店で頂きました:)現地の給食の定番&人気なメニューだそうです。美味しいからね✨

松山市のシンボル『松山城』

松山市の中心にある、松山城。学生時代は日本史よりも世界史派だった為、あまり日本のお城には興味がありません★とはいえ、実際にお城を回ると、現代にはない雰囲気が、ここで昔武士たちが戦っていたんだな~と感じることが出来て、敵の視界を遮る構造の道や、狙撃するための隠し窓を見ると楽しくなってきます。

…お城に来るといつも息切れをしてしまうのは、敵が入り込みづらい構造=観光する側もお城の内側に入るまで結構歩くせい、なんだけど完全に運動不足が大きな原因。…馬のための幅広階段が地味につらい~笑

本当に昔の人たちって健脚だよね。特に下っ端の人たちって、馬に乗っているお偉いさんたちを追いかけてずっと走りっぱなしで移動していたんでしょ❓ワタクシには無理だわ~。そんなことを友人と話しながらも天守にある展望台に行くため、頑張って先に進みます✨天守にある展望台は友人からのオススメのスポット。

「ここのお城の天守にある展望台から見る、松山の風景がとっても素敵だから一度は行くべき」と友人にも言われた通り…町と海が見えて、すごく風が気持ちが良かった:)

この海の向こうに本州があるのも、なんだか不思議な気分。

次の日から普通に仕事である友人と別れ、高速バスにのってこんびらさんのある香川県に移動することに。高速バスを利用する人が結構いるせいか、比較的本数も多くて便利ではあったのですが…。ちょっとトラブルが発生したお話の続きは、また次回♪
そのクリックが励みになります♪
にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

コメント