ハラペコ◎旅行記~タイ旅行⑥チャトチャックウィークエンドマーケットは築地場内市場と似てる~

タイ

バンコク旅行でのお楽しみの一つ、ショッピング✨特にワタクシ、今回は今年お別れしたベトナムで買ったカゴバッグの代わりの子を探す気満々で夏のカゴバッグ購入を我慢していたので、このチャトチャックウィークエンドマーケット【通称JJ】にくるのがとっても楽しみだったのです★(我慢しすぎたせいか、逆に鞄熱が大爆発して今回の旅行ではあちこちで鞄を買い漁ってしまったのはまた別でお話をしたいと思います…)特にチャトチャックウィークエンドはお買い物好きにとって天国そのもの☆ばらまきようのポーチや、面白土産になりそうなムエタイパンツやTシャツから食器、ペット商品まで色んな雑貨がそろっています:)3時間滞在予定のはずが、気が付けば4時間以上ウロウロしておりました。

というのも、このチャトチャックウィークエンドマーケットは一度進んだらおなじ店には戻れない(かもしれない)、巨大迷路みたいなマーケット…そう、それはまるで築地場内市場のような、今自分がどこにいるのか一瞬わからなくなるあのゴチャゴチャ感MAX‼‼‼大通りにはさわやかなカラフルな傘が飾られていて、見た目には涼しいけど気温の高さと人の多さが半端ない☆

よくよく考えてみると、お気に入りの商品の見つけ方や買うべきタイミングも、築地場内市場でお買い物をしたときと共通するものがある気がしました:)ウィークエンドマーケットという名の通り、週末しかやっていない巨大市場。お買い物好きの方は、土日のどちらか旅行日程に重なっているほうがバンコク旅行がもっと楽しくなるはずです✨

スポンサーリンク

地図があっても迷うそこは『迷宮』

チャトチャックウィークエンドマーケットの入り口近くにあるインフォメーションデスクにて地図を貰うことができるのですが。

…地図があってもどこに行けばいいのかよくわかんない笑

という気持ちになるぐらい広いマーケットです💡調べたところ広さは約1.13㎢、お店の数は約15,000店あるそうで、朝8:00~18:00の間に営業していると公式では発表があるものの、そこは気ままなマーケットの人たち、今日はやらないよっていうお店もあるから実際の数は不明だったりして、ね✨笑

一応商品のジャンル別にセクションが分かれているのですが、その数もなんと27‼‼‼う~ん、何度通えばすべてのセクションを回ることが出来るのか…。現地の人でもなかなか市場の端から端まで知っている人はいなさそうな雰囲気。こういうところも、築地の場内市場っぽい。築地の市場も、毎日新しい発見があるところだからね✨(…な~んて、こんな数年築地の観光案内をしていた小娘が語れるほど築地は単純な場所ではないのですが☆)

実はワタクシ、こちらの市場に来たのは今回が2度目:)前回迷子になりながら楽しいお買い物時間を過ごすことが出来てたので、今回も行こう♪と一緒に行ったお姉さま方とワクワクしながら訪問しました。正面から入らなかったせいでインフォメーションにもなかなかたどり着けなかったものの、目の前には素敵な商品がたっぷり☆ということで、地図をGETする前にお買い物を開始するというちょっとカオスな感じでお買い物はスタートしました✨

商品は一期一会…ではない

チャトチャックウィークエンドマーケットでは、意外と色んなお店で同じもしくはそっくり商品を扱っているので、この場所のこのお店でしか買えない‼‼‼という商品はメーカーやブランド品以外はあまりありません。(※個人的見解)

だから、あ、これKAWAII☆と思ってすぐ購入すると後でもっとお安く売られていることに気が付き、ショックを受けることも。この辺り、築地場内市場でお買い物をする時と似ている気がします💡商品との出会いが一期一会でない場合は、これはもう購入するタイミングにルール付けをしてそのルールに則って購入するのが正解、なのですが。

 

…最初に入ったお店でかごバッグ2つ買ってしまいました☆

 

…あれれ~おっかしいなぁ❓ワタクシのように風に吹かれて飛んでいく理性のせいで衝動買いをしない為にも、強い意思をもってこの市場にはいかなければいけませんね…。

だってさ~、お店が清潔そうだったんだもん‼‼‼お値段高めだな~とは思ったけど、一つ一つ綺麗に展示されていたから思わず、手が伸びてしまったのです…。それぞれタイプは違うカゴバッグだから、一気に2つ買っても後悔はしていないよ:)来年の夏が楽しみだ~✨…と、飼い主は申しております。

大切なのは、販売価格を出しても買いたいと思える商品かどうか💡もっと安い値段で販売されているかもしれないと思ったら、その商品は運命の出会いではなかったということなわけで。あまりにもお店が汚いと、商品も汚れているかもしれないのでそこも注意したいところです:)お店によっては値引き交渉も出来るので、「これとこれ買うから安くして☆」なんて試しに聞いてもいいかもしれません✨

少しセレクトショップ感のあるセクション2のエリアは他のセクションとは違い、一つ一つお店のブランド名がどーんと飾ってあるので、比較的手に取りやすい雰囲気。ちょっと埃っぽいあのアジアな市場っぽさが苦手な人でも、安心してお買い物を楽しめるはずです:)ここは…おそらく定価が決まっているエリアだと思われます💡

このお店では丁度ブラックフライデーのセールをやっていたので、なんと左に展示しているバッグが一つ100バーツ(約350円)‼‼‼柄も様々で、思わず目移りしてしまいました✨…え❓勿論ワタクシ、購入しましたよ。3つほどね‼‼‼笑(お土産兼ねてるから、しょうがないですよね)

前回ハイテンションで買いまくってしまったタイ王室御用達のアロマブランド、『KARMAKAMET(カルマカメット)』の商品たちも大体20%オフで販売されていました。欲しかったんだけど、前回と同じくアロマキャンドル真っ暗闇のお風呂場で火をつけるぐらいしか利用方法がないワタクシの生活には不相応なので、今回は我慢しました。でもここのサシェ(匂い袋)はとってもいい香りなので、お高いけれども自分のごほうびとして買っても後悔はないハズなので、オススメです:)

水分補給・周囲の人に注意を‼‼‼

色んなガイドブックに乗っているこの市場。必ず書かれているのはスリにご注意という注意書き。確かに人はいっぱいだし、お仕事中の泥棒がいてもおかしくないかもしれません💡特に多くのお店がクレジットカードでの支払いをすることが出来ず、必然的に現金を持ち歩く必要がある為、日本にいる感覚でぽや~ん周りにある商品にばかり目が向いてしまうと危険かもしれません。

とはいえ、ここは観光地。危険地域でお買い物をしている訳ではないので、鞄を握りしめるような警戒をする必要もないのですが…基本的な下記の点に注意してお買い物を楽しめばいいと思うのです:)

  1. バッグはチャック等のきちんと口が閉まるものにする
  2. 目の届かない体の後ろにはバッグを置かない
  3. 荷物はなるべくエコバッグ等でまとめ、片手は自由に

あと、大切だと思ったのは水分補給平均気温30℃を超える中、色んなお店や人が密集しているとかなり暑いので、あっという間に手持ちの水分がなくなります。飲み物を販売しているお店もちらほらあるのですが、雑貨を中心に扱うセクションの中には水が欲しくても見当たらず…気づけば、ちょっと頭痛が。

なので、お水は多めに持って歩くのが◎そして美味しそうなドリンクを見つけたら買って楽しむのがオススメです:)

去年食べた美味しいココナッツアイスが見つけらなかったけど、このレモンスカッシュはさっぱりしていて惜しかった✨氷たっぷりですぐなくなってしまったのですが、キンキンに冷えた飲み物が体を冷やしてくれて体もさっぱり♪

…実はこのチャトチャックウィークエンドマーケットの近くにあるオートコー市場もとっても楽しいところなのですが、今回はここまで。また次回、続きをお話したいと思います:)

そのクリックが励みになります♪
にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

コメント