ハラペコ◎旅行記~雪の日光グルメ編(油源のゆば膳・さかえやの揚げゆばまんじゅう~)

旅行

旅行の醍醐味の一つ、グルメ✨勿論日光で有名な食べ物と言えば…それは、もちろん『ゆば』ですよね:)今ならその贅沢さ、美味しさを理解することが出来るけど、小さい頃はそのおいしさを理解することが出来なかったなぁ。(…だってさ~、温かい牛乳の膜みたいなんだもん。)

日光に旅行に行くんだから、ゆばを思い切り楽しみたい💡ということで、お姉さまたちと美味しいゆばを堪能しました:)夜はちょっとお値段も上がってしまうので避けましたが、ランチやおやつぐらいなら気軽に食べられていい感じ♪

スポンサーリンク

日光のゆば(湯波)は噛んで食べるもの

日光のゆばの特徴は、ズバリ肉厚‼‼‼小さい頃、ゆばと聞くとペラペラの膜で口に入れても食べてるのか、食べてないのかいまいちよくわからない食べ物でしたが、そのイメージ一気に払拭してくれました☆(…ただ単に、安いものしか知らないからかも❓)

もう一つゆばが有名な京都の上品で繊細な感じとは違い、日光のゆばは肉厚でしっかり。それはゆばを引き上げる時に1枚のままなのか、それとも2つ折りにして引き上げているかの違いで食感が変わるとのこと。個人的には日光のゆばの方が食べている感があって、好きかもしれません。…ま、京都でちゃんとしたゆば、食べたことないんですけどね~‼‼‼笑(だって有名なところは敷居が高くて…)

肉厚なせいかお肉みたいに感じるし、きちんとおかずの1品として頂くことが出来たからかな❓ご飯も進む系ですね。

ちなみに漢字では『湯波』と書くのは、引き上げたときの形が波に見えるから…らしいですよ:)

観光地でのランチの席取り=戦い

ワタクシ達、3連休の観光地での食事の席取り合戦をなめていた。無事に日光に11時過ぎに到着した後ホテルで荷物を預け、良くネット上でも取り上げられている『和み茶屋』というお店へ向かってみたら…

『満席の為14時頃(約2時間後)にならないとご案内できません★』

OH、なんてこと‼‼‼雪の予報で人が少な目なんじゃないかと安易に考えてはいけなかったのね…。

見た目は人が並んでいなくても、やはり観光地で人気なお店は並ぶのが前提ということですね~…。雪が降る中お店の外で待つわけにもいかず、『和み茶屋』での食事は断念することに。(車社会な日光、基本的に車の中で待つのが前提なのかしら…❓別のおしゃれカフェでも店内ではスペースがなくて待てないので、車で待っててください✨と言われてコーヒーを飲むのを断念したんですよね。)

ランチの当てが外れてどうしようか❓と悩んでいた時に、神橋の近くで目に留まったお店が『油源(http://www.aburagen.jp/index.html)』。元々はお弁当や日光の特産品を販売する会社らしいです。

…あまりお客さんいないけど、名前がなんとなく美味しそうな気がする💡ということで入店を決めるという何とも失礼なワタクシ達。でも、それが大成功☆笑

なんとこちらの店、安政6年創業の長~い歴史のあるお店でした。店内は特産品を販売するブースと食事をする場所が混在している感じ。

勿論注文したのは、お店で一番のオススメな湯波づくし膳(税込み1,600円)‼‼‼

…ゆばって、写真で見ると色が白いせいかあまり美味しく見えないなぁ。実際はすごく美味しかったのに。ちなみにゆば入りのお味噌汁から始まって、揚巻ゆばの煮つけやゆばの卯の花、ゆばの刺身に寄せゆばなど名前の通りゆばづくしのご膳でした☆味は関東風の比較的濃い目でご飯が進む✨でもゆばの味がしっかりしているからゆばをしっかり感じることが出来ます:)野菜の苦手な肉食系アラサー女子の体にも嬉しいランチとなりました♪

…ご飯がどんぶり飯かなというぐらいの量だったけど、ご飯の上にちょこんと乗せてあった山椒の若葉の佃煮のおかげもあってすっかり完食‼‼‼これがね~、かなり美味しかったの♪レジ横にある特産品販売スペースで販売しているのを発見し、これから観光するのに荷物になってしまうにも関わらず購入してしまったほど。

『山椒若葉煮』は産経新聞でも日光の名産として取り上げられたことのあるものだったようで、小さいサイズを購入してしまったのが悔やまれる。…山椒の実の入った味噌もかっておけばよかったなぁ。勿論お買い物好きなお姉さまたちは抜け目なく、全てGETしておりました。

このお店、神橋のバス停の近くに合ってアクセスも◎なので、オススメです:)別に並ばなくても、日光には美味しいお店が沢山あるんだね~💡

マツコも絶賛、揚げゆばまんじゅう

TBSの番組、『マツコの知らない世界』でも取り上げられたさかえやの揚げゆばまんじゅうは東武日光駅のバスロータリー周辺にあります。前回、姉と日光へ立ち寄った時に食べたかったのに食べられなかった一品。特に日光って、あちこちでチーズケーキも提供されてるじゃない❓そっちも気になって本当は食べたかったし、有名な『金谷ベーカリー』のあんぱんも食べたかったけれど、今回は揚げゆばまんじゅうを食べられなかった心残りを絶対に晴らそうと思って出発前から購入することを心に決めていたからね…‼‼‼

アツアツな揚げまんじゅう1個200円を頬張れば口がとっても幸せ☆

ちなみにこちら、提供される前に売り子のおばちゃんによって『え、ちょっとかけすぎじゃない❓』と思うぐらい大量の塩を振りかけられるのですがそれがまた味にアクセントが出て◎。マツコの番組曰くオーストラリア産の天然塩を使用しているんだって💡紙袋の下に溜まった塩をあんこの部分につけながらいただくと油っぽさがより払拭されて、バクバクいけちゃう✨昼にたらふく大盛ご飯を食べたにも関らず勢いが止まらない。(※その後、夕飯にもがっついていたらさすがにお姉さまたちにお腹大丈夫と心配された。…普段のストレスから解放されたからかな)あと嬉しいのがあったかいお茶のサービス。店頭のおばちゃんが、どんどん近くにいる人に渡してくれます。

雪が降って寒い中、色んな人が揚げゆば饅頭を購入していました。冷凍のお持ち帰り用も販売されていたけど、現地でアツアツのまんじゅうを食べた方がお塩の塩梅もあるだろうから美味しく感じるかもね💡

 

…もっと色々あちこちで食べたかったけど、胃が足りなかった。残念だったけど、次の日は宇都宮で餃子を食べる予定があるから我慢します★

次回は宇都宮の餃子の食べ比べのお話かな~:)

そのクリックが励みになります♪
にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

コメント