【台北旅行の美味しいご飯】ここなら失敗しないオススメのお店

台湾
今まで台北には3回旅行に行きましたが、本当に台湾って何度行っても楽しくて美味しい国ですね:)☆
今回は台北に行ったら是非とも食べてほしい、おすすめのお店を紹介したいと思います。このお店に行けば、きっとお腹も心も大満足するはずです:)
[ad]

台北旅行で外せないご飯5選

小籠包』『火鍋』『魯肉飯(ルーローハン)』『麺線』『豆漿』は、ガイドブックでも必ず特集される程の台湾の国民食ですよね:)

この5つのご飯を逃してはせっかくの台北旅行の楽しさが半減してしまうかもと、いうことでその一つ一つのテーマに沿って、実食して美味しかったお店を紹介していきたいと思います:)

【小籠包】安定の鼎泰豐(ディンタイフォン)はSOGO店がオススメ

小籠包の本場ということもあり、あちこち有名店がある台北。そんな中、やっぱり安心してお腹いっぱい食べられるのは『鼎泰豐(ディンタイフォン)』だと思います💡

なぜ鼎泰豐をお勧めするのかというと…美味しいのはもちろんのこと、なんといっても立地の良さが最高だからです☆Google先生に頼らずともそごうデパート内にある店舗であれば駅直通で迷うことなく行けますし、店員さんは日本人専用のスタッフも在籍しているので、言葉の心配はありません。観光客にはもってこいですね:)

また日本と同じシステムで、電光掲示板に案内中の番号が表示されるからいつ呼ばれるかドキドキせず待つことが出来ます。ちょっとネックなのは、人気店がゆえにタイミングによっては1時間以上の待ち時間は当たり前なところでしょうか。

ランチの場合は開店と同時に入れば待たずに食事をすることが可能です。でも、あえて待ちながらデパート内でお土産を購入してもいいかもしれませんね💡

日本で食べるよりもお値段が安いので、お値段を気にすることなくお腹いっぱい小籠包を食べることが出来てとっても幸せ♪

個人的に、空芯菜炒めとチャーハンも絶対外せません☆

【火鍋】想像以上に美味い『酸白菜鍋』は圍爐(ウェイルー)で

いつも台北に行くタイミングが夏ばかりなので、ずっと食べるのを避けていた『火鍋』。でも実は台湾は夏でも火鍋を食べるそうで、一人鍋専門店もあるぐらい季節問わずいつでも鍋を食べることが出来ます。

それに倣い、前回初めて食べてみた酸白菜鍋』が美味し過ぎたので、是非とも皆様にも食べてもらいたいです‼‼‼(ちなみに、火鍋というと辛~いイメージがありますが…台湾では、火鍋=鍋料理なので辛くないものも火鍋と表記されます。)

おすすめのお店の名前は『圍爐(ウェイルー)』といい、最寄りはMRT忠孝敦化駅です💡大通りから1本入ったところにあるし、外観もひっそりしていてわかりづらいので、あまり人気がないのかな…と思いきや。入ったとたん、予約をしているか確認されるほどの人気店でした笑

次の予約者が来るまでならOK✨ということで、なんとかありつくことが出来た鍋は…中心の筒に熱く燃えている炭がセットされているちょっと見なれない風貌。冷房がガンガン聞いていても顔が熱く、そして全体的に色味のない鍋。

見た目はあまり食欲をそそらないかもしれませんが、一度食べたら箸が止まりません☆お肉の種類は豚・牛・ラムから選ぶことが出来ますが、ラムが個人的に特においしかったです♪

スポンサーリンク

つけダレは店員さんにお願いすると美味しい分量で作ってくれますが、自分で好きな味を作るのもまた楽しい☆

ちなみにつけダレの材料の中には『酒』があります💡漢字で書いてあるので、すぐわかるハズです。ワタクシの場合、アルコールアレルギーの懸念があるため、つけダレを作るのに気を付けました。小さなお子さんや、同じくアルコールNGな方がご注意ください。

お酢の酸っぱさではなく、発酵した酸っぱさなので加熱しても酸味が消えることがありません✨鍋は結構深めで、大量の白菜の漬物やそのほかの練り物やきのこ、豆腐等がぎっしりと詰まっています。白菜の漬物をお肉でくるんで食べるとなんとまぁ美味しいこと‼‼‼

さっぱりしているので、お腹がいっぱいでもなんだかんだで完食しちゃいました☆:)

【魯肉飯】安くて美味しい☆『四方阿九魯肉飯』は龍山寺の近く

台湾には安いのにボリュームのあるB級グルメ的なグルメが沢山あって、胃袋がいくつあっても足りません☆空港に降り立つと感じる八角の香り、食欲をそそる『魯肉飯(ルーローハン)』は台北旅行の鉄板飯です💡

地元の人が利用するお店に挑戦するのも、また楽しいですよね~♪そんな中、個人的にここの『四方阿九魯肉飯』店の魯肉飯が八角の香りが強すぎず、食べやすいのでオススメです✨MRT龍山寺駅から歩いてすぐで、観光名所の一つ龍山寺の見学の後にも行けて便利なのも◎♪

なんといってもその魅力は安さ魯肉飯だけなら25元(日本円で約85円)なのに美味しいって、最高すぎる~✨

安いお店は比較的屋台風で店内が汚い場合が多いのですが…ここは比較的綺麗で衛生面も安心です:)入り口の近くで魯肉が煮込まれていて、美味しい香りが食欲をそそります♪

麺や炒め物にも魯肉が乗っているメニューが多いので、思いっきり魯肉を堪能したいときにはもってこいですね:)汁なし麺の魯肉かけが特にお気に入り✨周りの人は、良く煮込まれた三枚肉の乗ったプレートを注文している人が多かったので、きっとそのプレートが名物なのでしょう💡

【麺線】煮干し系ラーメン好きにはたまらない『阿宗麺線』

小腹がすくタイミングがなく、なかなか食べに行くことが出来なかった『麺線』。日本のそうめんみたいな細~い麺を、とろみのあるスープと一緒に食べる麺料理です:)有名な『阿宗麺線』があるのは、MRT西門駅💡

売り場しかなく、椅子はないので基本みんな店の前のスペースで立ち食いします。最近では、忠孝復興駅のSOGO横に新店舗がOPEN。こちらなら座って食べることが出来るそうですよ:)

スポンサーリンク

ちなみに味は、鰹節の出汁を煮詰めたのかな?と思うぐらい旨味成分が濃厚。煮干し系ラーメンが好きな人は、絶対好きな味ですね💡パクチーが苦手な人を想定してか、日本語で『パクチーいる?』と聞いてくれるので、ワタクシのように苦手な人でも、問題なしです:)

味自体は優しめなので、お好みで近くにある調味料で味にアクセントをつけて食べるのも◎です:)ただし、チリ味が思った以上に辛いので入れすぎ注意☆

一緒に入っているホルモンは臭みもなく、トゥルンと麺と一緒に口の中で消えてなくなります。麺を食べるというよりも、食べるスープの具材が麺だった的な感じかな~。消化もよさそうなので、ちょっと小腹がすいた時や、ものたりない時ににぜひ☆

【豆漿&鹹豆漿】朝ごはんはホテルで食べたらもったいない‼

大体ホテルの朝食付きのプランの人が多いかと思うのですが、台北に旅行に行くなら、朝ご飯は絶対外で食べたほうがいいと思います‼‼‼台湾の朝食の定番といえば、豆乳や油條(揚げパン)、鹹豆漿(ザーサイ等の入った、しょっぱからい系の温かい半固まりかけ豆乳)ですよね~✨

ワタクシは今まで『阜杭豆漿』と、『鼎元豆漿』と、『世界豆漿大王』の3店舗に行ったことがあります。

それぞれ味が違うので、日によって違うお店に行って自分の好みのお店を見つけるのが楽しいかもしれませんが、朝ごはんとして食べるのでホテルから近いお店に行くのが一番かもしれません💡

『阜杭豆漿』の場合

『阜杭豆漿』はめちゃくちゃ混んでる人気№1なお店です。

MRT善導寺駅を出てすぐのビルに入っているのですが、朝6時から並んで食べられたのが7時過ぎだったような…。朝から気合を入れないと食べることが出来ないお店ですが、口当たりは優しいのに旨味とコクを感じるその味は、万人受けする並ぶ価値のある味です☆

ただし、当時注文した時はスタッフのおばちゃんたちに全く日本語が通じませんでした☆事前に食べたい商品の名前と数を記入したメモを用意しておいた方が良いと思います💡

『世界豆漿大王』の場合

『世界豆漿大王』で食べた鹹豆漿は、ラー油が強めで辛めでした。ちょっと癖があるので、甘い豆漿と台湾式クレープ、朝ごはんとしては珍しい小籠包を一緒に注文するのもいいかも💡

最寄り駅のMRT雙連駅から、結構歩くので近くのホテルじゃないと、わざわざ行かないかもしれませんが…ここもオススメですよ~♪

『鼎元豆漿』の場合

『鼎元豆漿』は、MRT中正紀念堂駅が最寄り駅。中正紀念堂で毎日行われている兵士の交代式の見学ついでに立ち寄ることが出来るので、観光客に向いているお店かもしれません:)

外側はテイクアウト用、奥が店内で食べる用の受付になっているので、外に人があふれるぐらい並んでいてどうしよう…と思わず、ズンズン奥へ進んじゃってください☆

メニューは日本語表記のものもあるので、安心です✨その中でも中に油條(揚げパン)の入った、クレープ生地で包まれた奴がかなり美味しかったので、是非とも食べてもらいたい‼‼‼

日本語のメニューだと、なんとなくのイメージで注文しがちなもので自分が注文した料理名がわからないのが難点…笑

きっと、まだ知らない美味しいお店が沢山ある☆

台北には、きっとワタクシの知らない美味しいお店がまだまだたくさんあるハズです。また行くことがあったら、新規開拓をしたいと思います♪

ちなみに軽食系や、デザート系に関しては1つの記事にまとめるには少し量が多すぎてしまうので、また別口でアップしていきたいと思います。もしご興味ありましたら、ぜひそちらも読んでみてくださいね✨

そのクリックが励みになります♪
にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました