ハラペコ◎旅行記~旅行の神器~

旅行

社会人になると学生の時よりも自分で使えるお金が増える人がほとんど。でも、逆に時間が無くて、いざ海外旅行と思い立っても、ヨーロッパやアメリカ大陸に行くのはちょっと厳しいという人が多いですよね❓(求む、同志)そんなこんなで、ワタクシは社会人になってからは短期間で行けるアジア圏ばかり旅行に行くようになりました。アジアも楽しいしご飯も美味しくていいんですけど、でもたまには教会とかにも行きたいな~って思うちゃうこともあります。

長期のお休みと、ビスケットのように叩くとお金が増えるポケットが欲しい…

ワタクシが今まで行った海外地域はドイツ、フランス、イタリア、オランダ、チェコ、オーストリア、イギリス、タイ、韓国、マレーシア、ベトナム、シンガポール、台北。…こうやって見るとかなりの豪遊&旅行好きな人みたいだけど、実はヨーロッパ圏内は、『留学中の貧乏旅行』のカウントを含めるズルが結構いい感じに支えてます✨本当にね、物乞いの人達にも声かけられないぐらい素敵な姿で歩いてたんだと思う…

それでも比較的色々なところに行ってるワタクシが旅行時に持って行くとちょっと便利~✨と思った物のチェックリストを発表したいと思います。勿論、モバイルバッテリーとか履き替え用のスニーカーとか、エコバッグのような普通なものではなく、あまり持って旅行に行く人いないんじゃないかなぁというものでございます。オススメなので、良かったら試してみてください~♪

スポンサーリンク

*旅行時に持っていくと便利グッズ*

☑️使い捨ての割り箸

屋台でご飯を食べるとき、あまり信用できない状態のスプーンやお箸を提供されることがありますよね…そんな時は、手持ちの水で湿らせたティッシュで拭えば問題なーし誰か使ったでしょってやつはすぐ交換してもらうけど、ちょっとの汚れなんて気にしない。

むしろ屋台ごはん食べるなら、そんなの気にしたら食べられないものね~。だけど、テイクアウトしてホテルでさあ食べるぞと気合いを入れて開けたらお箸やフォーク、スプーンがなかったことが何回かありまして…言葉の壁のせいかな~…それとも溶け込めてて現地人っぽかったのかな❓

…あと、コンビニのカップラーメン買って夜食に食べようと思って開封したら、

絶対you掬う気ないでしょ

っていうクッタクタな折り畳みフォークが同封されてたりね。大体お茶用のティースプーンはどのホテルにも置いてあるので、代わりに使ったこともある…けど、食べるのに大変なことこの上ない感じだったよだからといってmy箸もって行くのもねぇ。
結局ホテルで洗わないといけないし、ヨーロッパの水にでさえお腹をやられたワタクシは、水道水では怖くて口もゆすげない。(2ℓの水のペットボトルを速攻購入)そこで、お昼休みにコンビニのお弁当を買うときにもらう割り箸を取っておいて、旅行のときに持っていきます。買ったものではないし、使ったら捨てられるしね意外と便利なんです、お箸✨市場でカットフルーツ食べるときも手が汚れなくてオススメですよ

☑️お肌に優しいティッシュ

…や~これはね、日本のティッシュの優しさは本当に一番だと思うんですよね日本の技術と努力のたまものでございます✨海外でティッシュを買うと、間違えて紙ナプキン購入しちゃったかな❓と勘違いするぐらいしっかりした作りのティッシュしか手に入らないことが多くて…。こちらを使うとハウスダストに反応してしまう鼻炎もちのワタクシの鼻の下が、数回で大惨事になってしまうわけです。だから、いつも箱ティッシュを1つトランクに忍ばせていつも旅行に行きます。

ちなみに水で溶けるタイプだと、尚良し✨

それはですね…どうしてもワタクシお腹を下しやすい体質でして、トイレと大の仲良しなんですけども。(なんという告白)その為使用頻度が高めなんですよね~…やっぱりこちらも使ってみると、紙がお肌に優しくないことが多いんです。しかも、特にアジア圏だと流せない場所やそもそもティッシュ文化ではなかったりして、設置されてない場合はすんごく焦る。

だから常にティッシュは持ち歩かないと大変危険ですよ、皆様
(トイレットペーパーを持って行ったこともあるんですが、フローラルな香りが気になるのと、なんとなく鼻に優しくない気がするんです…。)

ワタクシの場合、トランジットの空港やスーパーでトイレに行ったら芯しか残ってないという事件がありました。その時は大変だったなぁ…✨どうしてやり過ごしたかは、内緒です★あ、勿論国によっては水道管事情によりティッシュは流せないところもあるので、その時はその国のルールに沿って利用しましょう。

☑️新聞紙

荷物を小分け出来るし、手持ちで化粧水なんかを持っていくときに使えるから、ジップロック系の透明な袋は必需品ですよね~でもあんまり新聞紙もっていく人っていないんじゃないかなぁと思いまして、候補に挙げてみました。これは、お土産買ったときにクルクル包むと、瓶系のものでも安心して持って帰ることが出来るからなんです。荷物預かりのところでご対面したトランクがどれだけ傷だらけになっても、今のところ新聞紙&ジップロック&脱いだ服で包めば大惨事は起きてません✨
もっと安全そうなプチプチが良いなという人は是非100均で売っているので見てみてね✨
でも、新聞を定期購入してるお家なら無料で手に入るし、もしくは飛行機に乗るときの入口にある新聞紙を拝借すれば後日家についてお土産開封してるときのちょっと異国風の思い出のひとつになるんだよね~✨勿論、本当に壊したくない大切なものは当然手持ち荷物に入れて、大切に抱いて帰るよ。

☑️電子書籍もしくはAmazonプライム加入

飛行機に乗ってるときに好きな映画がないということもある…そんな時の為に、事前に自分の好きなものをストックしておくとすんごく良い◎私は電子書籍派なんですが、映像が好きな人は初回無料キャンペーンを利用してAmazonプライム加入→映画をダウンロードしておけば無料です♪今は月額400円でもAmazonプライム利用できるから、普通に利用してもいいと思うけどね。結構弾丸ツアーが多いワタクシは、機内泊をすることもしばしば…(だって、朝から現地に到着すればめっちゃ遊べるじゃん?)

普段はのび太君も真っ青な早さで眠りにつくワタクシなんですが、座ったまま&音で寝ようと思っても全然寝れなくて…だから、もう眠くなるまでコンテンツを楽しんで、寝不足のハイテンションで旅行を乗りきるしかないとあきらめモード。まー、電子書籍がドンドン増えてきてて、気が付かない内に結構買ってる状況にも追い込まれるので、ネットコンテンツのお買い物にはご注意を✨でもねー、漫画は巻数伸びるから、スペースを削減できる電子書籍だと楽なのよね~…。

 

というわけで、あまり一般的ではないと思う旅行の荷物を挙げてみましたが如何でしょうか❓基本的には、帰るときに現地で処分できるものや、かさばらないものばかりです。だってさ、少しでも現地での素敵グッズ持って帰りたいじゃない?なるべく身軽に旅行は行くのが正解◎

今度の台北旅行でも上記の神器は持っていく予定。瓶詰の調味料とかもそそるよね…料理するのは母任せなので、母からストップが出なければ購入したいと思います✨その間、むぎちゃんはお留守番。父にご飯の準備をお願いしているので問題なし:)いい子で待っててね~✨

そのクリックが励みになります♪
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

コメント