【初めてのピアス】膿みやすい体質の人は病院で開けるのが一番です

つぶやき

ピアス穴をあけてからすでに10年ほど経過しているのにも関わらず、未だに穴が安定しません✨ピアスを差し替えすると耳が赤くはれたり、抜くときにピリッとします。

…2年ぐらい経てばそれなりに安定するはずなのに、おっかしいな~と不思議に思ったワタクシ、よくよく考えてみたらちょっとした傷でも膿みやすい体質でした‼‼‼(それにしても10年経っても安定しないのはちょっとね。)

…確かに膿みやすい体質がピアス穴を安定させない大きな理由だとは思うのですが、根幹の原因はピアス穴を開けた時の状況なのではないかな~と思います💡と、いうことでワタクシのピアス穴誕生の始まりと、その過程の奮闘、そしてなぜプロ【医者】に開けてもらうのが良いと思ったのかを回想をしてみたいと思います:)

スポンサーリンク

寒い時期に開けると痛みが少ないピアスのイメージ

もともとピアスに憧れていたものの、体に穴を開けるという痛みをあえて受けるのもちょっぴり怖いなぁ…と思っていた、ビビりなワタクシがなぜピアスを開けようと一念発起したのか。それは完全にタイミングとノリです☆笑

比較的傷が膿みやすい体質であることは知っていたため、じめじめした梅雨の時期や、夏の間は絶対開けられないな~と考えていたのですが、そんなワタクシにとって気温が0度を下回るドイツ留学中の貫通は絶好のタイミングでした:)

…よく氷で耳たぶを冷やす描写があるけど、外気温が気温が低ければ耳も冷えているし、痛みも感じづらいし、穴を開けた後もすぐ冷やすことが出来て良いのでは❓とひらめいた~💡

…あえてなぜ病院へ行きづらい、海外にいる間に開けたんだろうと今思い返すと不思議に思うのですが、あの時はより痛みを感じないことが最重要項目だったのです💡

さらに、一緒に渡航した子たちから安い値段でピアス穴を開けたよ♪という話を聞き、一気に気持ちが加速。そしてそのまま友人とピアスを販売しているお店へ直行しました:)

びびりなくせに、ファーストピアスは雑貨店内にて貫通

何事も、安いものには理由がある。日本より物価が高いはずのドイツで、なぜピアス穴を作るのがやすいのか…それは、ピアスが販売されている雑貨店内に出されたパイプ椅子上が施術場だったからです☆

普段から利用する人が多いのか、突然始まったピアッシングに対し、店内でピアスを吟味している人たちは我関せずでした✨ピアス穴を開ける時はそれなりに冷やしたり、消毒したりするのかな~と思っていたのですが外気温がマイナスな時期なせいなのか、特に冷やすこともなくパイプ椅子に座った瞬間、セットオン。

ピアッサーが銃型だった点、さらに店員さんも容赦なくファーストピアスを打ち込んでくれたため、ビビりながらも痛みはそこまで感じませんでした:)むしろ、一瞬遅れて耳全体が熱く、熱を発する感じです💡帰り道、あえて耳を外気にさらし、熱を持った耳を冷やしながら帰宅。まさに、青春そのものです‼‼‼

ファーストピアスに付属していた消毒液を使って耳を消毒するぞ~♪とピアスを開ける前のドキドキ感から解放され、るんるん気分でいたワタクシ。…でも、ここからが出来立てほやほやのピアス穴が安定するまでの長い戦いが始まりでした笑

正しいファーストピアスの消毒方法は

渡された消毒液を使って開けたばかりのピアス穴を消毒をし続けたのですが、その方法が間違えているとピアス穴はなかなか安定しません。何事もやりすぎるのは良くないようです(※経験者は語る)

あの当時は今とは逆で、ファーストピアスが癒着しないように消毒時に揺らしたり、回したりするなど、動かすのが一般的でした。最近では穴が安定するまでは、きれいに洗浄して清潔を保つだけのようですね💡

…確かによくよく考えれば、ファーストピアスの穴は安定するまではただの傷。あえて傷に塩を塗り込む行為を続けたその結果…

ピアスヘッドが穴の中に埋まりそうなぐらい、円錐型に穴が広がりグジュグジュに☆見るからによろしくない状態ですX(

自分で膿みやすい体質ということは知っていたので、入念に消毒をし、動かしていたのが良くなかったのでしょう…✨体液が出てベタベタな状態のピアスをみた友人からも、一度ファーストピアスを外して付け替えをした方がいいんじゃない❓と言われ、シャワーブースで実践することに。

…これがまた痛かった‼‼‼

スポンサーリンク

傷口にセカンドピアスを押し込む勇気

シャワーブースで、まずファーストピアスを外すための格闘が始まりました✨銃型のピアッサーで勢いよくキャッチに嵌ったファーストピアスを外すには、かなり力が必要ですし、時間がかかります。キャッチを回してみたり、ひっぱってみたり…そして、その込めた力は安定しないピアス穴へ直結し、痛みを発しますX(

そして何とかピアスを引き抜いたあと、ここからが本当の闘いでした…なんせグジュグジュになっている傷口にあえて異物を挿入するわけですから、痛くないわけがない‼‼‼

ピアス穴が安定していないがゆえに、入口(耳たぶ表側)はすぐわかっても、出口(耳たぶ裏側)がなかなか見つからずさまようピアスの軸部分。めちゃくちゃ痛かったです…。

でも、女は度胸★

何とかよりヘッドの大きいピアスへ移行させ、その後はなるべく傷口を広げないよう心掛け、数週間で水っぽさは落ち着きました:)

セカンドピアス用のものではなく、市販の一般的なピアスへ入れ替え。その結果、一気にピアスの穴が小さくなってしまったので、セカンドピアスは結構大切だと実感しました✨

ファーストピアスは病院で開けてもらうのが一番

正しい知識のないまま、ピアスを開けるとワタクシのように辛い思いをするかもしれません💡と、いうことで個人的に『大げさ~』と言われたとしても、ピアスを開けるなら病院(クリニック)で開けるのが一番だと声を大にして言いたい‼‼‼

ワアクシのように膿みやすい体質の人や、金属アレルギーのある人は市販のピアッサーはよろしくない場合もあります。万が一状態が悪化してしまったら、正しい施術をしてもらえますし、あまりにも痛いのが嫌なら、麻酔もしてもらえるそうですよ:)

最初に躓いてしまったワタクシの場合、未だに調子が悪い時はピアス軸の出口がどこなのかわからず、あちこちつつきまわすことも。…ただ単に不器用なだけかもしれませんが、特にフックピアスやフープピアスを入れるのに時間がかかります💡可愛いからたくさんつけたいけど…ピアス穴のご機嫌次第☆

これからピアスを開けたいな~と思う方は、ワタクシのような失敗をしないようにご注意ください♪

そのクリックが励みになります♪
にほんブログ村 美容ブログ コスメレビューへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました