【雷・防音対策】雷恐怖症(?)が実用するオススメ防音グッズ~

つぶやき

個人的に大嫌いな季節がやってきました…それは、『雷の鳴る季節』です。最近の異常気象のおかげで春の訪れを告げる春雷や、季節の変わり目の雷の回数が増えているように感じます。…本当に災害レベルの異常気象が続くのは大変ですし、これ以上温暖化が進まないで欲しいですよね‼‼‼

そこで今回は、ワタクシのように雷が鳴る度日常生活に支障が出てしまう方と情報共有出来るよう、普段愛用している防音グッズについてお話したいと思います💡

スポンサーリンク

雷恐怖症なのかも❓

アラサーにもなって恥ずかしいな~とは思うのですが、ワタクシ、雷が本当に苦手です。どれだけ苦手なのかというと、遠雷が聞こえ始めるだけで心拍数が上昇し、落ち着かなくなり、なるべく外から見える光が見えないような場所へ避難するぐらいです💡嫌いが故に、雷雨が来る気配にも敏感です。祖父の家には猫が1匹いるのですが、彼女も雷が大の苦手。気配を感じてソワソワし始めるように、空の色が赤銅色になってきたりやけに暗い色の雲が近づいてくると、ワタクシもどこか落ち着かなくなってしまいます。

雷が鳴っている間は絶対外に出ることは出来ません。社会人失格かもしれませんが、仕事で外に出ないといけないとしても拒否します…笑

雷光が見える窓の近くに近づくのも嫌なので、自宅にいる時は窓のない洗面所の辺りで大音量の音楽を流しながら雷が過ぎ去るのを待つのが基本スタイル。昨年は丁度、帰宅時刻に雷雨にぶつかることが多かったので、駅構内で1時間以上待機したこともあります。

…ここまで怖がると、これは『雷恐怖症の症状に近いのではないか💡』と自分では思っているのですが、実際に受診をしていないので確かなことはわかりません。もし受診後にそう診断されたそうだとしても、治療法(あえて雷の音を外で聴き耐性をつける等)が荒療治過ぎて、治療するぐらいなら今のままでいいや…と思うぐらい…‼‼‼

もう、ずっとこの雷に対する恐怖心とはお付き合いしていこうと心に決めているので、出来れば将来は雷の鳴りやすい北陸や北関東、海や山の近く以外で住まいを固めたいなと考えています✨笑

なぜそこまで雷が苦手になったのか❓ワタクシ自身よくわかりませんが、幼少の頃から大きな音が苦手だったので、『怖い』気持ちが年齢を重ねるごとに塗り重ねられて恐怖心が強くなってしまったのかもしませんね💡

未だに打ち上げ花火も苦手で避ける位なので、夏のデートは屋台のみ推奨しています♪(まず、それ以前に予定はないのですが…笑)

防音グッズがあると落ち着きます

雷の音は大体120~140db(デシベル)と言われており、ジェット機レベルの騒音です。そりゃあ耳も頭も痛くなりますし、恐怖心を覚えても仕方がないですよね…。と、いうことで天気が不安定な時期が来ると持ち歩く防音グッズがあります:)それは、こちらの3つの神器です✨

  1. ウォークマン
  2. 耳栓(NRR22~30db)
  3. 防音イヤーマフ(NRR30db)

この3種の神器があれば、朝の天気予報で発雷確率が高い日に出かける必要があったとしても、少しだけ心が休まるのです✨

ちなみに騒音に対して遮音する力は『NRR○○db』という表記で判断します。考え方としては単純で、元の音の大きさからNRR○○db分の音量を引いたものが自分が聞こえる音の大きさ…ということなんだそうです:)

つまり、

雷の音(120~140db)-防音グッズ(NRR〇〇db)×個数分=聞こえる音の大きさ

というわけですね💡

ちなみに音対策の一つとして『スマホで大音量の音楽を聴く』という方法もあります💡

が、ワタクシの場合は常に落雷情報を調べたいので、スマホはなるべく電源量を残すためにも音楽は聞かないようにしています。…格安スマホで使えるギガ数も少ないですしね☆

少し荷物はかさばってしまうのですが、この3種の神器を普段の荷物に追加しておけば、いつどこで雷雨にあっても安心です☆

○○+防音イヤーマフで無敵

サバイバルゲームや射撃をしたことはありませんが、自分専用の雷対策用、防音イヤーマフを愛用しています:)♪…どこでそんなの売っているの❓と思いますよね

実は、Amazonで購入が出来るんです💡さすがAmazon、欲しいものは何でも揃っている✨

ちなみにワタクシが購入したのは、こちらの防音イヤーマフです:)

『3M 防音 イヤーマフ JIS適合品 PELTOR ヘッドバンド式 H10A』

実際に着けてみると音を完全に遮断するわけではありませんが、あるだけで気持ちも大分落ち着きます‼‼‼計算上では雷に対してこのイヤーマフだけだとまだ『きわめてうるさい』というランクでしかありません。

しかし基本的に雷が鳴っている最中は室内にいるでしょうし、雷以外無音ということもないので、『きわめてうるさい』レベル(=高架下や地下鉄構内の音ぐらい)よりは音は小さく感じることが出来るのではないかな💡と思います。

普通に話している声であれば、遠くから囁かれているかな程度の音量まで落ちます:)むしろイヤーマフをすると自分の心音が大きく聞こえるようになるので、結果としてそれが遮音している手助けをするのかしら~…。

本当は完全な無音がいいけれど、状況把握が出来ないのも怖いですし、見ようによってはごつめのヘッドホンをしているようにも見えるような…気もしないでもないので、躊躇なく外で使っています✨

長時間つけると頭が痛くなるデメリットもありますが、雷の音を聞く位なら我慢できる程度なのでご安心を‼‼‼

ちなみにワタクシのようにこれだけだとまだドキドキが止まらない人は、耳栓やウォークマンのイヤホンを耳に差し込んだ状態でこのイヤーマフをすればより完璧に近づくので併用をオススメします:)💡

ワタクシの場合、耳栓はまたこちらもAmazonで購入し愛用しています:)

『MOLDEX 使い捨て耳栓コードなしお試し8種エコパックケース付』

ウレタン製で柔らかなので、長時間つけていても耳が痛くなりにくい耳栓です。使い捨てと記載されてはいますが、実際のところ何度も使えます💡つぶした後のふくらみ方が弱くなってきたら替え時かな❓と思うのですが…気づくとどこかに行ってしまうので、なくしたら次の耳栓を使っています:)笑

このお試しセット、柄や大きさによって遮音率の違うものが混在しているので、心配な人は一番遮音率の高いものからスタートすると心も落ち着きます。

一通り使ってみた結果あまり差はわかりませんでしたが、どれもイヤーマフと併用しているせいかかなりの遮音率でした✨耳の形によって使いやすい形状が違うので、自分に合うものを見つけるサンプルとして試してみるのもいいかもしれませんね♪

スポンサーリンク

落雷情報がわかりやすいサイト

防音対策をとると、外の様子がわかりづらく雷が収まっているかどうか判断が難しいです。そこでいつも雷雲が通り過ぎたかどうか、スマホで随時落雷情報をチェックしているのですが、サイトによっては更新のタイミングが遅かったり、範囲が広すぎてわかりづらかったりします。

そんなワタクシが個人的に使いやすいな~と思っているのサイトは、東京電力が出している『雨量・雷観測情報』です💡➡(http://thunder.tepco.co.jp/)

たまに情報が更新されないこともありますが、関東エリアに関しては他と比べても表示エリアを細かく表示することが出来るので、自分のいる地域の落雷情報を判断しやすいです✨

他で有名な『Yahoo!天気・災害情報』はゲリラ豪雨予知通知等のサービスはとても便利ですし、落雷の様子を動画で確認することが出来る点は良いと思うのですが…表示される地図が大まかでわかり辛いところが少し残念です…。

雷が怖い人からすると一番重要なのは『今外に出ても平気なのかという点』なので、もし『○○地区から雷が遠ざかり、音も聞こえませんよ💡』なんていう通知をしてくれるようなサイトがあれば最高なんですけどね‼‼‼

雷鳴が聞こえたら建物へ

雷が嫌いな人でなくても、最近の異常気象は本当に注意が必要です💡雷以外にも雹や突風など、天気が急変すると何が起こるかわかりません。突然冷たい風が吹いてきたり、空の色が急に色を変えた時など『少しおかしいな❓』と思ったら、早いうちに安全な建物へ入るよう心掛けた方が絶対◎です:)

今年こそは、大きな災害の起こることのない夏になって欲しいですね‼‼‼

そのクリックが励みになります♪
にほんブログ村 美容ブログ コスメレビューへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました