移転前・移転後の築地を楽しむなら

つぶやき

もうすぐ築地移転がやって来ますね~‼️実はワタクシ、数年前まで築地で観光系のお仕事をしておりました。そのため普通の人よりも少しだけ築地に詳しかったりします:)
そこで今回は、せっかくだから移転する前に一度築地に行ってみたいな♪というような方や、移転前には間に合わないけど築地に行きたいと思う方に知っていただくと、より築地を楽しむことが出来るんじゃないかな💡というお話しをしてみたいと思います✨

スポンサーリンク

築地移転について

まずは、築地の移転について。一般的には築地場内市場と表現されることが多いですが、正式名称は『東京都中央卸売市場』。でも、親しみを持ってみんな築地市場と呼んでいます:)

そしてこの築地市場、今年の10月に豊洲へ移転するのは皆さんご存知の通りですよね💡老朽化によってボロッボロになったのと、衛生面の問題による移転なのですが。…実は、これ昔からずっとあった問題で、過去にはブロックごとに壊して、少しずつ修復するという案が出たこともありました。ただ東京の台所と言われる築地市場は色んな仲卸店(それぞれ別会社)が集まって出来ているし、その工事の間、営業できない店はどうするんだ問題もあって、この提案はとん挫してしまったわけです。長くあーでもないこーでもないと話した結果、一気に引っ越しをしてしまおうということになったわけ。確かにそれぞれが一つの企業。工事の間、営業が出来なければ売り上げも0で、死活問題に発展してしまうね~💡

ま、東京都としては東京ドーム5つ分と言われる広さの土地を、2020東京オリンピックで使いたいという思惑もあったと思います。だって最初に出されたイメージ図、明らかに選手村までの道が築地市場の上を通っているんだもん…。関係者だったころは移転ありきかよ‼️って思ったよね。オリンピック招致に力を入れていた都としては、そりゃぁ早く移転させたかっただろうね。
今回取り壊しが正式に決まった80年以上の歴史がある築地市場は、日本なのにちょっと異国の雰囲気がある場所でもあります。初めて市場の中を歩いたワタクシは、今まで体験したことのないそのアングラな雰囲気から、新卒で入った会社でとんでもない場所(※誉め言葉)に来てしまったなぁ、とこれからの生活にドキドキワクワク感を感じたのは良い思い出です:)✨その独特な雰囲気は、他では感じることのできないものなのだからこそ、多くの観光客が魅力を感じて築地に殺到するんだと思います‼️‼️

そんな唯一無二の完全に施設を解体するのは勿体無いなぁ…とワタクシは思うんだけど…。いかがでしょうか、壊す前に江戸博物館とかで一部分を切り取って保管とかしたら、めちゃくちゃ良い展示物になるし、観光客もさらに増えると思いませんか✨ほら、江戸博物館にひばりが丘団地をそのまま切り取って持ってきてるじゃない❓そんな感じで展示しちゃえばいいと思うんだよね💡

え~でもそんな築地場内市場が移転しちゃったらもうあの場所の魅力がなくなるんじゃないの~❓なんて心配する人も多いかと思うのですが。ご安心ください、築地場外市場はそのまま残るので、変わらずお買い物や食事が出来ますよ‼️…まぁ、移転が決定する前後の数年で、観光客が増えた関係か一気に飲食店が増えた感は否めないんだけど、場外にもちゃんとした専門店もあります✨だって元々、築地場外市場って築地市場に買い付けにきた人がその流れで追加で商品を購入したり、ご飯を食べたり出来る場所だからね~。昔は築地本願寺の門前町として栄えていた築地場外ですが、隣の銀座や、いろんな場所にある飲食店の人達が築地市場に買い付けや発注をする中で、より色んな専門店(おつまみとしての乾きものや、食器や肉、鰹節や海苔など)も集まったというわけ💡そう、ここはプロが買い物をする場所なんです:)

築地でお買い物するなら

築地で売られているもの=安い⁉

市場で売られているなら、きっとお安いんでしょ❓と思う方も多いと思います。ワタクシ自身、そう思って築地で美味しいもの買って帰ろ~なんて思ったら、ちょっと気軽に購入できないものばかりでびっくりしたことが。そう、築地で売られている商品のほとんどは高いものが多く、むしろ近所のスーパーの方が安く販売していることも多いんです。それでもみんなが買いに来るのは、プロによる目利きによって選別された良い品を扱っていることと、それによって付加価値が付いているからなんです:)

とはいえ全てが高いわけではなく、築地の中でも安いものは売られています。観光客が買いやすいような小分けになっている商品だったり、もともとお買い得なものだったりと様々ですが、中には同じ品物にもかかわらず、値段がガクッと下がって販売されていることもあります。でもそういう時は『なぜ同じ品物よりも安くなっているのか』考える必要があるので、ご注意下さい‼️旬な物なら本当にお得なものものかもしれませんが、物によっては熟れすぎていたり、傷みだしていたりするからかもしれませんよ:)とはいえ、値段が高い=良いものというわけでもないので、買う側もきちんと商品を見ることが大切です♪ま、場外市場なら購入して家に帰ったら腐っていたような、とんでもなくひどいものはあまりないとは思うのですが…購入する側にも商品を見る力が必要になる場所ではありますね💡

良いものをgetするには

より良いものをgetするためには、そのお店の人と仲良くなることが一番大切かもしれません:)そうすると、最近の仕入れの情報や美味しいものを教えてくれるんです✨みなさん最前線で働いている方たちなので、常に最新の情報を持っています。…でも、実はそこまでになるのが結構難しい。築地を良く知っている人は築地村なんていう表現をする人もいますが、結構築地って内輪に入るのに大変な地域。伝統があって昔からの付き合いを大切にしている地域なので、新参者は他人行儀な扱いをされることも。だから内側に入るために、お店の人に仲良くなるまで何度も通う必要があるんですよね~…。築地の人たちのすごいなと思うところが、一日に多くの人が買い物に来るのに顔を覚えてくれること。皆さんやっぱりプロですね~‼️‼️‼️一度行ったお店の人に「この前○○買い物に来てくれたよね」って言ってくれるとかなり嬉しい✨でも、その一言が仲良くなるチャンスなんです:)

とはいえ、一般人で根気よく通える人は近所に住んでいない限り殆どいない思います。…ワタクシもこれ以上通ったら破産しちゃう‼️と何度思ったことか。でも大丈夫、あちらは食に関するプロなので、冷やかしではなくきちんとその品が欲しいことが伝われば、親身になってくれます:)どんな料理で、どのように使うと良いのか。専門店なので一番美味しく食べられる方法を教えてくれるはずです✨ただ、あちらは商売人。売れると思えば親身になるパターンもありますので、その商品を買う前提で話をしましょう✨
また、美味しかったものはまた行く機会があれば、報告するとより仲良くなれるチャンスですよ♪人からお土産で築地のものを貰うこともあるかと思いますし、その時美味しいなと思ったら、自分が行くときにその商品が美味しかったの~✨なんてお店の人に言ってみてください:)喜んで他にもお勧めなものを紹介してくれると思います♪

お買い物をするなら早い時間に

…これ、結構重要です:)築地は早い時間からスタートして、午後2時過ぎには閉まるお店が殆ど。なので、午後3時にお買い物をしに行っても、お店が閉まっている場合が多いんです~。(※飲食店や観光客に人気なお店なんかは結構午後でもやっていることもあります💡)だから、買いに行くなら絶対に朝から午前中までに築地にいく必要があります‼️…本当にね、年末になると朝6時ぐらいから買い物に来る常連のお姉さんたちがいっぱいな場所。(築地ではいつでもみんなお姉さんだから、間違えてもおばちゃんなんて言っちゃだめですよ★笑)うかうかしていたら欲しいものがなくなってしまいます:)早朝は難しいという方も、9時頃にお買い物するとゆっくり出来ていい感じ。…今は観光客が多いから、それでも人がいっぱいかもしれませんがね。あ、あと穴場なのは水曜日。市場がお休みの休市の日が水曜日にあるので、意外とみんな、水曜日=休みと思っている方も多いんです。ただ逆に間違えて休市の日に行ってしまうとなんもなくて寂しい思いをするので、事前に営業しているか確認することをオススメします✨調べ方は、google先生で”東京都中央卸売市場 休市日”で検索すればでてきますよ:)ただし、移転後は市場と連動するとは言えども、どうなるかはまだ不明。豊洲市場になっても切っても切れない関係だと思うので、同じような営業スタイルにはなると思うんだけど…どうかな❓

…ということで、移転前の築地に遊びに行きたい人が知っているとより楽しめるかもしれないお話、いかがでした❓移転後も築地場外市場は変わらずありますので、遊びに行くといいと思いますよ:)

ワタクシはどうにかして一度は豊洲に入り込みたいなぁ…と思うのですが、実際に移転してみないとわからないこともあるので、今は様子をうかがいながら情報収集中。また築地に関してご報告できることがあれば、こちらでお話したいな~なんて思います♪…昔食べ歩いた写真とともに、振り返るのもいいかもしれないなぁ💡働いていたころは、人に紹介する必要があったので結構色んなお店回って食べ歩いたんです✨…築地で働くと、舌と体が肥えてしまうのが悩みポイントかもしれない‼️

そのクリックが励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

コメント