ハリネズミ~大きなイビキにご用心~

ハリネズミ

ハリネズミの寝息って、なんとも微笑ましくてワタクシ大好きなのですが…でも、いつもと違う寝息(ほとんどイビキ)の音の大きさには要注意ですよ‼‼‼というお話です。

というのも我が家の姫、ハリネズミのむぎちゃんが先日体調不良になるという出来事があったのですが…その気づく最初のきっかけとなったのがイビキだったからです。うーん、ただ実際のところ、いつも通りのお世話をしていたので、原因が何なのか未だに思いつかないんですよね~。ただ、もしかしたら夏場の冷房で体が冷えちゃったかなというぐらい。(※我が家のエアコンは効きすぎるようで、人間のワタクシたちが28度にすると肌寒く感じるぐらい。そのため酷暑にならなければ常に29度に設定♪)とはいえ、未だ謎が多いと言われるハリネズミ。少しでもおかしいな?と思ったら安心できる病院に受診するのが一番💡先生に診てもらうだけでも、不安な気持ちがなくなりますよ:)✨

スポンサーリンク

体調不良と気づいたきっかけ

…とはいっても、体調不良なのかもしれないと気づくまで、ワタクシの場合結構時間がかかりました。

元々むぎは熟睡していると『ピゥ~…ピゥ~』といった可愛らしい寝息をたてていて(録音済み)、『ブフ~ウ…ブフ~ウ』という音に変化した時はあらま~ちょっとむぎったらイビキかくなんて無防備でカワイイ✨という感想。だって想像してみてください、寝袋の中で顔をぎゅっと押し付けていてお鼻がひしゃげちゃったままイビキかいてる姿…カワイイでしょ💡そんなに鼻が曲がってたら、イビキもかいちゃうよね…✨と、思っておりました。

さらにむぎが起きて、おやつの香りをかがせて夢中になっている時もいつものスンスン♪というよりも巨大なフスンフスン♪になっていた時もやけに興奮するな~、いつもと一緒のおやつだけど、最近これがブームなのかなと勘違いしていたのも、体調不良だと気づくまでに時間がかかった原因の一つ。

数日たってもイビキとフスンフスン音が続き…掃除をしながらホイールの汚れが最近ついてないのは、走りながらの粗相をしなくなったからではなく、ただ単に最近走っていないからなのかもしれない…もしかして最近ホイールで遊ぶ音が夜中聞こえないのは、ただ単にワタクシの寝入りが早すぎるせいではないのかなもしかして体調不良なのかなとやっと気づくワタクシ。

体調が悪い=体が冷えすぎた?でも、暑い中エアコンを止めるという方法は夏眠に入る可能性があるし、できないしなぁ…、自然回復しないかな?と暫く様子を見ていたのですが。今度はくしゃみをしたときに一瞬できた鼻ちょうちんを目撃‼そして普段ならがっついてふやかしたハーリーの主食をモリモリ食べるのにも関わらず、ご飯の時間になってもあまり食べない…でも、大好きなおやつはモリモリ食べてくれるので、これが偏食なのかどうかという判断が難しい。ただ、これ以上食欲が落ちたら一気に元気がなくなる可能性が高いので、お迎えした時に健康診断をしてもらった、近くの動物病院へ連れていくことに。もし偏食でした★という診断が出れば、それはそれで安心だからね:)

動物病院にて

気温が高めの日だったので保冷剤を仕込んだ箱を用意して、少しでも安心できるように寝袋に入れたまま病院まで向かいますが…やはりいつもと違う感じのせいか、寝袋の中でちょっと緑色のうんぴをしてしまい、寝袋にいることも出来ずソワソワ落ち着かない様子。(緑のブツを取り除いたら、安心して寝袋の中で寝始めるところがうちの子大物だなぁ…と思う瞬間。前にお世話していたハムスターのまめもそうだけど、結構我が家の子たちは度胸が据わっている子が多いんです💡)

動物病院に到着すると、待合席にはワンちゃんは飼い主さんの腕の中で緊張気味に表情を曇らせていたり、診察が終わって不機嫌そうなにゃんこが飼い主さんに向かって診察がどれだけ嫌だったかをフシャ⁻っと怒りながら主張していたり…動物病院って(不謹慎なのですが、)飼い主さんたちとのやり取りが本当にその子が大切にされているんだなぁと感じることが出来るので、心がほっこりして結構好きなんです。

さて、早速むぎの番がやってきて診察台の上に。体重をまず図ってみたところ、1年前の健康診断の時よりも、約150グラム以上体重が増えて400グラム台に。立派になったねと先生に言われるむぎ。…先生、昔個体的に小柄な子だねって言ってたけど、標準体重まで大きくなったのって良いことなんだよねと心配になる飼い主のワタクシ。小柄なのに体重は一人前っていいのか…ね?まぁ、ハリネズミはあの丸っとしたフォルムが可愛らしいからいいのかもしれないね★

早速診察を開始するにしても不機嫌MAXなむぎは鼻をブシュブシュ言わせながら、慣れない診察台の上で周りを警戒し、先生の手から逃れようと必死。どうにかして口の中を確認したい先生と、むぎの攻防をワタクシも微力ながら早く受診が終わるようにサポートすることに。ワタクシがむぎを抱っこしている間に先生は手にした綿棒で何とか口を開けてもらえるように口元を下から持ち上げようとしたものの、顔を背け続けるむぎ。

何度目かの失敗で途中でこれは無理ですね~となりました笑…いうこと聞かなくて、先生ごめんね‼‼‼

ちらっと一瞬見えた口の中から、水疱などはできていないようなので風邪か鼻炎かなぁ、と先生。鼻水の状態も確認しましょうね~と良く動く鼻先を観察し始めます。…ガイドブックにも載っていたんですけど、ハリネズミって謎も多いし、診察って難しいらしいんですよね💡というのも、丸くなって全く顔を見せず、毬栗モードで動かない子もいるから、まず診ることが出来ない子がいる、という。そのことを考えるとうちの子はまだ診察台の上から逃げようと暴れまわるだけだからいい方なのかな、と先生の診察から逃げまくるむぎを抑えながら、その必死さを観察する飼い主のワタクシ。鼻水の状態を確認した先生からレントゲンは動いてしまう子や、丸くなる子は撮影しても見えないし、むやみにストレスを与えても良くないですから止めておきましょう…と言われ、今回の診断が下りました。

鼻がブシュブシュいっている点と、特に鼻水は透明なので鼻に何かが入ったことによる軽度の鼻炎の可能性、だそうです‼‼‼注射で抗生剤を打って、薬を処方され様子を見ることになりました。

…すごく個人的な考えなのですが、体の小さな動物に注射を打つことって、抵抗があります。だって、人間の体の大きさでさえ少量のワクチンを打つだけでいいのに、こんな小さな体の子には薬が強すぎるんじゃないかと思ってしまうから。万が一ショックとか起きちゃったらどうしよう…なんてちょっと失礼なことを考えながら、先生が準備をしている間、むぎが少しでも落ち着くように寝袋で頭を隠します。…先生がそう判断するんだから、注射だって大丈夫に違いないしとワタクシ自身にも言い聞かせる。

皮下注射なので、背中の針の方からプスッと注射。寝袋で頭を隠されていて良くわからないまま、むぎは突然の衝撃による驚きでプシューっという声なき声を上げながら丸くなりトゲチク状態に。痛かったね、頑張ったねとお怒りモードのむぎを抱っこして、その日は処方された薬を持って帰宅しました。

診察料や薬、その後の様子

ちなみに、診察と注射、薬を処方されて金額としては4,488円。前回の健康診断だけの時は2,160円だったので、やはり処方されるとそれなりに金額がかかるんだなぁ…と実感しながら帰宅。(レントゲン取っていたらどれだけ高かったのかガクブル…)

家に帰ってケージに寝袋ごと戻そうと思ったら注射された驚きからか、むぎは寝袋のなかでお漏らしをしていました。そこで別のふかふかな寝袋を用意し、その日は状態が急変しないかむぎの様子を見ることに。その日はむぎはちょっとお疲れモードでしたが、特に異常は見当たりませんでした✨

動物病院で処方されたのは抗生剤のバイトリルと消炎剤のトランサミン錠の混合粉とシロップの2種類。一袋にシロップ0.25㎖混ぜてあげてね、とシリンジと一緒に貰ったはいいものの、シロップに直接シリンジを入れて吸い上げるわけではないから、とりあえず一度多めにシロップを出して、大体何滴が0.25㎖なのか確認。

…見えますかね袋の隅っこの辺りにある白い粉が混合粉です:)一回の量が少なすぎて開封する衝撃とシロップと混ぜる間にワタクシが動くことによる風圧でどこか飛んでしまったような気もするけど…シロップと薬を混ぜ混ぜして与えます★

薬だし、口に入れるの嫌がるかな~?と思ったら。

シロップの甘い香りに誘われて興味を示したむぎは、がっついて止まらない‼‼‼最近の食欲のなさはいったいどこに行ったんだろうという勢い✨あ、喉の奥まで咥えようとするので、あげる時は注意が必要かも💡ま~、この必死な顔を見れば美味しいということが良くわかる笑

ちなみにお腹を上にしているのは、シリンジの口が簡易的で通常の腹ばい状態のむぎに薬をあげるのにすぐ垂れてなくなってしまう気がして、少しでも口の向きを上にしたかったからです:)薬を口にしたむぎはケージに戻ると大量の水をがぶ飲み…やっぱり薬が変なかんじだったのかな(その割に毎回がっつくけど。)水を飲む姿も最近見ていない光景だったから、安心する材料のひとつになりました★

薬をあげ始めてから2日目で、いつも通りのご飯の量を食べるように回復✨むしろ今まで食べてなかった分を取り戻すかのように食べるむぎ。

外出もストレスになっちゃうんじゃないかなと心配だったけど、動物病院に連れて行って本当に良かったです~‼‼‼短期間での回復だったので、抗生剤投与が効いたのかも:)

今のところあのひどいイビキは再発していません:)ごはんの用意をしている時の身を乗り出してキラキラした目でこっちを見る姿をみると、やっぱりあの時は体調が悪かったんだな、と今更気づく。普段少しでもおかしいな?と思う何かがあった時は、じっくり観察してすぐに処置するのが一番ですね

また季節の変わり目で温度管理が難しい日が続くので、まだまだ気を付ける必要がありますが…今のところは大丈夫そう:)皆様も体調にはお気をつけください✨

そのクリックが励みになります♪
にほんブログ村 小動物ブログ ハリネズミへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

コメント