財布のひもが緩む時~Rollbahhn(ロルバーン)~

ときめきグッズレビュー

シールが好きすぎて、小さい頃からシールを集めていたワタクシ。多分、シール交換が始まった時代だったからかもしれないなぁ。今でも引き出しの中に、昔購入した手帳をデコる為のシール達が眠っています:)それぐらい身近な存在だった為、関われたら楽しいかもと、新卒の時は積極的に好きな文房具メーカーにもアプローチをかけておりました。しか~し、気が付けば全く似ても似つかない業界で勤務しております。…う~ん、人の一生って不思議が溢れてるね

前職は築地の観光系だったし、文房具メーカーと全く関係ないじゃないと思う方もいらっしゃるでしょう。そりゃぁね、デザインとか全く勉強したことないのに「企画やってみたいんデス★」と突撃しても、入社のハードルは高いのは当然ですわ。それでも3回目の面接まで進めたのだから、まだ健闘した方なのかなぁ。(…まー、その後まだ4回面接が待っていたらしいと言うんだから、あの会社で今現在働いている人たちの、なんと凄いことかっていうね‼️)入社は出来なかったけど、最近の文房具は素敵商品がいっぱいだし、買う側で十分楽しいからいいんだ~:)♪

スポンサーリンク

…今思うと、あの頃のワタクシは向こう見ずで無鉄砲で若かったな…。でも、その気持ちは持ち続けないと人間成長しないのかも、と最近の何事にも甘受しきったワタクシは思うわけです。なぜなら最近、全く成長しない状態で年齢だけ重ねているんだもの特に身辺の変化もなく気が付くともう一年経ってるなといつも思うのは、=刺激がなかった or 成長してないからだと思うわけ。何でも貪欲にいかないと単調な毎日だし、人生楽しくないよね✨いつまでも楽しく、若々しく生きていくにはハラペコ精神が大切★

つまりですね。自分の欲望に忠実なのは、良いことです‼‼‼だから、素敵ノートを発見して衝動買いしちゃうのはしょうがないことなのです…と、自分に言い聞かせてなだめている…わけではないんだからねちなみに購入したのはこちら✨

Rollbahn(ロルバーン)のお菓子コラボノート】1冊704円(税込み)です♪…いいんです、今は使う予定ないけど、ノート使う日が(いつか)来るはずだから★だってさ、こんなカワイイの見つけちゃったら買うしかないじゃない❓左からいちごみるく飴、サクマドロップス、たべっこどうぶつ柄。その他、かっぱえびせんやpino(ピノ)、じゃがりこなどのコラボノートもあったよ:)

Rollbahn(ロルバーン)とは

こちらのメーカー、飛行機が飛び立つマークが印象的なドイツのメーカー…と思っていたのですが。なんと、実はMade in JAPANメーカーもRollbahnではなくて、株式会社デルフォニックスという会社です:)よく駅ビルにいるSmith(スミス)という、おしゃれ文房具店も運営しているちゃんとしたメーカーと言えば、わかる人もいるかもしれません💡…そんなの当然知ってるよって❓というか、文房具好きならなぜ知らないんだと思うよねワタクシもそう思う笑

では何故ワタクシがドイツのメーカーだと勘違いしていたのかというと、理由は2つ。まず1つ目は、表紙に書いてある言葉がドイツ語だったから★でもよ~く考えたら、色んな日本国内のメーカーとコラボしたノートを販売するくらいだし、ドイツ語だからといって必ずドイツのメーカーというわけでもない。2つ目の理由は…ワタクシがドイツ留学をしていた〇年前に、現地の文具店でブースがつくられて販売されているのを見かけたせいで、良く現地の人に使われているドイツメーカーのノートだと勘違いしていたのね。…現地メーカーの商品のはずなのにやけに値段が高いな~と思ってたよ笑ドイツって物価が高いから、良いノートはこんなものなんだなって純粋だったワタクシ、完全に思い込んでいた…ま、すぐ安い大量に売られていたノートに乗り換えしたし、好きで購入したからいいんだけど。(その時点で気づけよって感じ❓)

ノートの表紙にはドイツ語で

Ferne Reisen machen weise.(遠くへ行く旅行は賢くする)

Die Propeller drehen sich.(プロペラが回る)

Das Flugzeug gewinnt an Höhe.(飛行機の高度が上がる)

Reisen bedeutet Leben.(旅は生きることを意味する)

と書いてあります。おそらくきっと、飛行機=人間ととらえているんじゃないかな❓つまり、もっと高みを目指し活動し続けて、もっと遠くへ自分を高めましょう。だって、人生は旅のようなものだから💡そしてその時はこのノートを活用してね✨みたいな意味なんだと思います。…想像力だけは豊かなので、かなり物語をふくらましてみた✨Rollbahnが滑走路という意味なので、このノートから何か新しいことが始まるというイメージなんだと思うんですよね:)…1冊704円は消費する文房具としてのノートにしては、お値段がお高め。100均でも使えるノートが販売されるような世の中、なぜこのノートが買いたくなるのかというお話をしたいと思います♪

Rollbahn(ロルバーン)を買う理由

リングノートは使いづらい??

リングノートは記入するときに手にあたるせいで好き嫌いがはっきり分かれると思うのですが、ワタクシは結構好き。だって、書き損じしてもビリッと破ってなかったことに出来るのって、いいと思いませんか。あと、リング状なら狭いところでも紙をくるっと回して、半分にしても紙が曲がることもないし、リングの部分にペンをひっかけておけるから利便性が高いんです。ただ、処分する時はリングは外して捨てないといけないので、その辺りは面倒かもしれないなぁ…。だから、リングノートは基本的に持ち歩いて使用するのに適しているのだと思います:)ちなみに、こちらのノートはリング横にキリトリ線が入っているので、誰かに紙を分けたい時が来たら、綺麗にちぎって渡せるよ✨…そんな機会、あまりないかな❓笑

ゴムバンドが紙を守る

鞄に色々ものを詰め込みすぎてしまうワタクシ。気が付くとノートの端が折れていて、どんなにときめいたノートだったとしても気持ちが萎えてしまうんです。ですが、こちらのノートはゴムバンドがしっかりとノートが広がるのを防ぐので、紙がグシャグシャになりにくい。綺麗に保ちたい人にとって、このゴムバンドはポイント高しですよね:)

中身はどんな感じか

このノートの紙質はレトロ感あふれる少し黄味がかったもの。そして方眼紙のようなマス目になっているのが特徴です。

…なんとなくね、この罫線が方眼罫になっているのと、黄色の紙色が海外っぽい気がしません❓(えぇ、ずっと勘違いしていたのが悔しいだけです)

横線のノートよりも文字のバランスがとりやすくて、普段よりも綺麗にかけるような気がするところも好きなポイント:)ワタクシが思うに、日本語は平仮名(〇型)、片仮名(□型)、漢字(□・△型)を使い分けるじゃない❓それぞれの形が違うから、どうしても一緒に並べたときチグハグになってしまうんです。ワタクシ、横だと自由奔放に文字が躍るんですよ…。特にA罫線は、幅が広すぎてNGなの。だから、縦にも横にも文字の位置の目安になる線が薄く入っていると、普段よりもバランスのとれた美しい文字が書けるような気がする✨

あとこのノート、中にクリアフォルダがついているので、思い出のチケットや、ノートに貼りたいシールを入れておくことが可能◎これ、他にはないポイントですよね♪

キリトリ線でちぎったノートを入れることも可能。ま、切りとらずにそのままにしておけばいい話かな笑

 

…と、いうことでワタクシのオススメ心ときめくRollbahn(ロルバーン)のノートのお話。心ときめく文具を持っているだけで、毎日の生活が少し、楽しくなりますよね:)このノート、デルフォニックス直営店であるSmithのお店では見つけらませんでした。そろそろ来年の手帳が発売される時期だったせいか、ドットや星模様のノートやスケジュール帳しかなかったです。ワタクシが見つけたこの柄は、駄菓子や雑貨を置いてあるお店で発見したので、欲しい人は雑貨屋さんに行った方が手に入りやすいかもしれません💡あ、ちなみにノート以外にもこの柄のポーチやペンケース等もありました。そちらもカワイイので、もし興味がある人は探してみてくださいね:)

そのクリックが励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

コメント